HIOKI RECRUIT

社員と仕事

【開発職】新しいことへのチャレンジ


これまでのキャリア

大学院の博士課程で理論物理学を専攻しており、就職活動にあたっては、物理学を使った仕事ができることを期待してメーカーを志望しました。HIOKIでは開発部に所属し、新しい測定器の基礎開発を担当しています。基礎開発と言っても測定原理の開発だけでなく、実際に試作・評価を行い、多くの場合製品化に参加します。私はこれまでにレーザ光を測定する機器の開発に携わり、現在は回路素子を測定する機器などの開発に携わっています。意外だと感じているのは、物理や数学の知識があると、仕事がはかどることです。高度な知識は必要ではなく、基礎的な知識を応用することが多いです。企業ではどちらかというと広く浅く知識を得ることを求められますので、大学時代に比べて世の中の広さを実感することができています。

学生時代

小学校から高校までは部活動で剣道をしていました。大学では、新しいことを始めたく思い、演劇サークルに入ることにしました。学部から大学院博士課程まで一貫して物理学を専攻しましたが、だんだんと狭い専門性に縛られたくない気持ちが芽生えました。

今後の目標

研究成果を測る指標の一つとして、引用回数の多い論文を書くことが挙げられます。一方で、企業での活動の指標の一つとしては利益が挙げられます。企業にいる以上、私の目標の一つは大きな利益を上げることですが、個人的には科学の進歩に貢献できるような製品をつくりたいです。そのためにも世の中にある様々な技術を吸収しているところです。

学生の皆さんへのメッセージ

みなさんの中にはアカデミックに進むか企業に就職するか、あるいは起業をするかで迷っている方もいるかと思います。それぞれに面白さがあると思います。また、学生時代とは違うことにチャレンジするのも良いと思います。新しいことにたくさんチャレンジしてみてください。


ページトップへ戻る