HIOKI RECRUIT

社員と仕事

【技術職】物理専攻から電気回路設計者に


これまでのキャリア

それまで縁もゆかりもなかった長野県の企業に就職したのは、私が就職活動の時に軸にしていた考えに日置電機が完全にマッチしていたからです。
私は「何をするかよりも、だれと一緒に仕事をするのかの方が大切」という考えのもと就職活動に取り組んでおり、一緒に働いていて楽しいと思えるような人と仕事をしたいと思っていました。日置電機は経営理念として「人間性の尊重」と「社会への貢献」の2つを掲げ、この理念に共感する人たちが集まっています。私はこの理念に共感し、同じ志をもつ人たちと一緒に仕事ができたら楽しいだろうと思い、入社しました。
まだ入社年数は浅いですが、尊敬できる先輩社員に囲まれての仕事はとても楽しく、誰と一緒に働くかが大切という考えは間違っていなかったと日々感じています。
入社後は、電気と回路の勉強をしながら設計業務に取り組んでいます。学生時代は物理学を専攻していたため、入社直後は電気や回路のことなんかさっぱり分かりませんでしたが、先輩方の手厚い指導のおかげで何とか仕事の軌道に乗れています。学生時代の専攻と業務内容が全く関係なくても何とかなるものです(笑)
配属後初めて担当した製品を入社2年目の秋に発売しました。周囲からサポートしていただきつつ、新人の私にも責任ある仕事を任せてくれたため、発売時に達成感を感じることができました。現在はまた新しいチームで製品の企画から携わっており、より良い製品となるようチーム一丸となって頑張っています。

学生時代

大学時代は、アルバイトとサークル活動に熱心になり、勉強は単位が取れる程度にしかやっていないような学生でした。
ところが、大学3年生の時に取った講義で、心の底から尊敬できる先生に出会いました。「何をするかよりも、だれと一緒に仕事をするのかの方が大切」という考えを持っていた私は、4年生で配属される研究室にその先生の研究室を選びました。これが大正解だったのです。尊敬できる先生のもとでの研究はとても楽しく、それまでの自分とは正反対に研究に打ち込む日々が続きました。その結果、大学院の修了式で賞を受賞することができました。
この経験から私は今でも、「何をするかよりも、だれと一緒に仕事をするのかの方が大切」という考えを持ち続けています。

今後の目標

『自分が』企画・設計した新製品でお客様を幸せにすることが今後の目標です。
日置電機の技術者は製品の企画から設計、発売までのすべての流れを担当できます。今はまだ企画力も設計力もまだまだなのでチームリーダーの指導のもとで日々勉強しているところですが、早く力をつけてチームリーダーになり、自分が企画・設計した製品でお客様を幸せにしたいです。
『自分が』考えた企画で、『自分が』それを製品化して、その製品で人を幸せにできたらそれはもう最高ですよね。

学生の皆さんへのメッセージ

人生の軸となるような、自分が大切にしたいことや大切にしたい想いを見つけてください。
その軸さえ見つかればあとは簡単です。悩んだ時にも、軸に立ち返るだけで自分がどうしたいのかを再認識することができます。私は就職活動期間に死ぬほど悩み、徹底的に自分と向き合いました。自分は何が好きで、何が嫌いで、何をして生きていきたいのか。悩んだ末になんとか見つけた軸に沿って就職することができたため、今は最高の環境で最高の毎日を過ごし、とても充実した人生を過ごせています。あの時なんとなくでその場をしのいでいたら、きっと今ほど充実した人生にはなっていなかったと思います。
皆さんも学生のうちに自分と向き合い、人生の軸となるような、自分が大切にしたいことや想いを見つけてください。

ページトップへ戻る