HIOKI RECRUIT

社員と仕事

【技術職】ソフトウェアで計測器の価値を高める


これまでのキャリア

HIOKIとの出会いは、就活時に、実家から近い会社だから会社説明会に行ってみようかな?という軽い気持ちでエントリーしたのが始まりです。説明会で会社の雰囲気を感じ、実際に働いている社員と話をするうちに、「あ!この会社自分に合っているかも!?」と感じたことを覚えています。その時の直感は今でも間違ってなかったと思っています。
入社後は計測器のソフトウェア開発をしています。新入社員の頃はプログラミングスキルもあまりなく、毎日勉強の日々でしたが、HIOKIにはプロフェッショナルな技術を持つ先輩がたくさんおり、実際の業務を通して色々なスキルやテクニックを学びました。今では新入社員研修の講師やOJTの指導を通して、後輩の育成にも力を入れています。
ところで、”計測器のソフトウェア開発”と聞くと、あまりイメージが湧かなかったり、一見地味な仕事のように感じるかもしれません。しかし、実は計測器の性能や使い勝手はソフトウェア次第で決まると言ってもよいほど、重要でやりがいのある仕事です。製品の顔とも言える表示画面をデザインしたりもします。そんな自分が開発した製品が世界のあちこちで使われている姿を想像すると、とてもワクワクしますね。

学生時代

子供の頃からパソコンやコンピュータに興味があったので、大学は情報系の学部へ進みました。大学で学んだソフトウェア工学や微分積分、数値解析などの知識は現在の業務の中でも役立っています。
所属していた研究室では、机上の理論だけで終わらせず、とにかく実際に形にし、動かしたり触ったりすることで評価・分析を行うという方針でした。私もよく研究室で半田ごて片手に実験用の基板を作ったり、通信実験用のネットワークを構築したりと、とにかく手を動かすことを学びました。これは今の業務にも通ずるところがあり、思いついたことやアイディアは試作やプロトタイプという形でアウトプットするように心がけています。
また、サークルは大学生協の学生団体に所属し、フリーペーパーの発行や、新入生や就活生向けのイベントの企画などを行いました。サークルで知り合った友人たちとは今でも繋がりがあり、様々な企業や海外で活躍しています。社会人になってから久しぶりに会った友人に「仕事でHIOKIの計測器を使っているよ。あれがないと仕事にならないんだよね」と言ってもらえたときはとても嬉しかったです。

今後の目標

私が仕事をする中で大切にしていることは、“仕事を楽しくやる”ことです。毎日指示されたことを淡々とこなしていくだけ…そんな会社生活になってしまってはもったいないと思います。HIOKIでは自分が考えたアイディアや企画を提案したりする機会や制度があり、場合によってはそれが製品化されることもあります。今の私はまだまだ学ぶべき事がたくさんありますが、いつか自分で「こんな商品を作りたい!」と提案して、今までになかった画期的な製品を作りたいと思っています。

学生の皆さんへのメッセージ

就職活動で一番大切にしてほしいことは、自分なりのペースで就活をするということです。重要なのは、会社説明会に参加した数やエントリーシートの枚数ではなく、その中身です。ネットの情報や周りのペースに惑わされず、自分らしい就活のスタイルを心がけて欲しいと思います。
また、興味を持った会社が実際どんなところなのかは、正直、入社して実際の業務をしてみるまでは分からないと思います。企業のWebサイトやパンフレットなどで得られる情報はごく一部です。やはり一番はその会社に足を運んで見学したり、OBの方と直接話をしてみることだと思います。その中で、会社の雰囲気や社員の人柄が自分に合っているか、また自分がそこで働いているイメージができるかがキーポイントになると思います。ちなみに、HIOKIはそういう意味ではとてもオープンな会社だと思いますので、少しでも気になったら気軽にコンタクトしていただければと思います。社員レストランのご飯もおいしいですよ!

ページトップへ戻る