HIOKI RECRUIT

社員と仕事

【製造職】HIOKIの品質をつくる


これまでのキャリア

私の仕事は良い製品をつくることです。
現在、私は先輩の下でマンツーマンの指導を受けています。現場では必要な知識や技術・技能などが多いため、先輩社員から吸収できることは吸収し、早く戦力になれるように日々努力しています。
HIOKIの製品は約300種類あり、工事現場から研究開発まで、さまざまな場所で利用されています。私は、その中でも主に記録計や現場測定器を組み立てています。HIOKIの生産ラインは、製品の組立・調整・検査・包装までを一人で行うセル生産方式です。このような方法で生産することによって、作業者一人ひとりが組み立てる製品に責任を持つようになり、高品質な製品をお客様に提供できます。質の良い製品をつくり、世に送り出していることが私の誇りです。
生産の現場で仕事をする中で、自分が一から組立てた製品が検査で正常に動作したときにはやりがいを感じます。製品をお客様にお届けする以上、不良品は許されません。「表に出ていない不良」や「潜在的な不良要因」を探し出すことで、常に確かな製品をつくっています。

学生時代

行ったことのない土地を訪れ、見たことない景色や知らないことを知ることが楽しく、よく遠出していました。短大時代にも各地に旅行に行きました。その中でも私が一番心に残っているのは熱海の風景です。温泉につかりながら眺める、海原へと沈む夕日は素晴らしかったです。
入社後も時間の余裕があるので、旅行に行くことができます。現在は、海外旅行の計画を立てています。史跡・料理などその地でしか体験できないものに触れることがとても楽しみです。また、仲の良い同期と一緒に行くので、さらにワクワクしています。

今後の目標

今後の目標は、組み立てた製品の不具合に対応できるようになることです。出荷する製品はお客様のもとで正常に動作することが求められますが、時には出荷前の検査で不具合が見つかることもあります。基板不良・部品不良・作業者のミスというように、不具合の原因はさまざまであるため、何が原因で不具合が起きたのかを探し出すのは難しいことです。そのため、不具合原因を特定するためには、製品や生産ラインをよく理解することが必要です。技術・技能・ノウハウを身に着けて、原因を追究し適切に対応できるようになることが私の目標です。

学生の皆さんへのメッセージ

みなさんにとって就職活動は初めてのことで分からないことばかりのはずです。これからの人生にとって重要な選択なので、日々、悩み苦労していることだと思います。だからこそ大切なことは、その会社に対して迷いなく「ここで働きたい」と思えるかどうか、「イキイキと働いている自分の将来がイメージできる」かどうかだと思います。自分の意志を信じて「魅力ある会社探し」をしてください。また、今ある自分の時間を大切にしながら、学生生活を楽しんでください。

ページトップへ戻る