HIOKI RECRUIT

社員と仕事

【製造職】信頼される基板の生産を目指す


これまでのキャリア

入社して5年は製品の組立工程を経験し、昨年に現在所属している基板実装課へ異動となりました。基板実装課はその名のとおり、プリント基板に電子部品やコネクタを実装しています。実装には実装機を用いた機械による実装と、人の作業による実装があります。私は実装機が実装した基板の状態検査、検査設備の保守・管理、手作業による部品交換を主な業務としています。人の作業による電子部品の実装は部品の耐熱性などの問題もあり、技能や作業ノウハウが求められます。私も器用ではないのですが、技能や作業理解度を高めるために技能検定などいくつかの資格取得をしたりしています。
今後生産現場はロボットやIoTなど様々な技術を導入し、生産性を上げ、工程の品質を高めていく必要があります。個人に求められる知識も多くなり、より業務も専門性が高いものになっていくと思います。今までのノウハウと新しい技術を合わせ込めるように自分の知識を高めていくこと、その知識を生かしより良い生産現場にしていくこと。これを目標に日々やりがいを感じながら仕事をしています。

学生時代

就職のしやすい学校に進学したいと思い、工業科の短大に進学しました。主に現場で必要となる知識を広く学ぶことができました。工作機械の取り扱いや、手書きでの寸法図面の製図はとても苦労した思い出があります。
スポーツが好きで小中高と色々なスポーツをしてきました。高校時代に始めたバドミントンは現在も会社のクラブ活動として続けており、趣味のひとつとなっています。会社内での部署を超えた交流の場ともなっているので、何かを続けることは良い側面があるなと感じています。

今後の目標

「後工程はお客様」これは自分たちの次の仕事を受け持つ人たちをお客様と考え、そのお客様に対して不良品を送らないという意味があります。お客様との直接的な結びつきがなかなかない生産現場にとって、この考えは非常に重要です。常に後工程に良品を送り続けること、これがその先にいるお客様への品質につながっていきます。後工程である組立工程からその前工程である基板工程に私が異動したこともあり、この考えを常に意識しています。検査によって不良を出さない、これがすごく大事です。検査自体は何かを生産する価値のあるものではありません。検査はなるべく時間効率良く、不良を見つけるものとしていく必要があります。現状の仕組みよりさらに不良を検出できる、かつ時間効率の良い検査の仕組みを目指してチャレンジしていきたいです。

学生の皆さんへのメッセージ

関心を持ち自分の知識や経験の引き出しを増やすこと、これが大事だと私は考えています。自分と関係のない知識も関心を持って自分の知識とすることが、今後自分の必要とする知識の入り口となり得るかもしれません。また、経験から自分の得手不得手が分かり、どんな仕事が自分に向いているのか分かってくるものかと思います。学生のときにしか得られない知識や経験を得て、色々な引き出しを増やしてもらいたいです。

ページトップへ戻る