HIOKI RECRUIT

社員と仕事

開発職・技術職

開発職 未来の製品開発のための要素技術研究

時代の最先端を行く次世代の計測器開発に必要な要素技術を研究しています。

これまでに、世界初の金属非接触電圧測定技術をはじめ、高周波測定技術やレーザ光 測定技術、ミクロン単位のプロービング技術など、独自の技術を生み出してきました。 現在取り組んでいるのは、高周波測定技術、電池の製造工程やメンテナンスを含めた、電機化学分野での新しい検査方法、光測定技術および光応用測定器などの分野です。

技術職 お客様の声をカタチに。電気計測器の設計・開発

製品の開発には、アナログ回路設計、デジタル回路設計、ソフトウェア設計、機構・筐体設計、デザインなどの担当者がチームで取り組みます。

「お客様の困りごとを、計測技術で解決したい」という思いから、営業に同行して直接お客様の声をお聞きしたり、技術的なサポートをするなど、常に市場を意識した製品開発に取り組んでいます。

 

 

 

アナログ回路設計

計測器の性能(精度)を決定づけるアナログ回路設計。求められる性能を実現できる回路を設計し、回路シミュレーション、基板試作などを繰り返して配置、配線を検討していきます。HIOKIの計測器の高精度電流測定、非接触電圧測定などを可能にしています。

デジタル回路設計

計測器の心臓部となるデジタル回路設計。目的の機能に合わせて正確に作動するよう、仕様決定、論理回路設計、シミュレーションを経て、膨大な電子部品を配置します。計測器の高速データ通信、広帯域電力解析などの各種解析を実現させることができます。

ソフトウェア設計

お客様ができる「コト」を創造するソフトウェア設計。ユーザインターフェースや各種通信をつかさどり、快適な操作性を実現します。また近年では、計測現場とオフィスをつなぐ遠隔計測システムの設計・開発にも注力し、ソフトウェアの観点からお客様の便利をより追及しています。

機構・筐体設計、デザイン

計測器の顔となり、魅力ある製品にまとめ上げる機構・筐体、デザイン設計。見た目だけでなく、機能性、操作性、堅牢性に優れたものにすべく専門デザイナーが活躍し、これまでに約80製品がグッドデザイン賞を受賞しています。

ページトップへ戻る