HIOKI RECRUIT

会社紹介

会社概要・沿革

会社概要

商号
日置電機株式会社
創業
1935年(昭和10年)6月
設立
1952年(昭和27年)1月
事業内容
電気計測器の開発、生産、販売・サービス
資本金
32億9,946万円
売上高
232億8,800万円(2018年実績/連結)
社員数
893名(男性651名 女性242名)(HIOKIグループ全体/2018年12月31日現在)平均年齢43.0才
本社所在地
〒386-1192長野県上田市小泉81Tel:0268-28-0555 Fax:0268-28-0559
営業支店
東北支店、長野支店、北関東支店、首都圏支店、横浜オフィス、厚木オフィス、静岡支店、名古屋支店、大阪支店、広島オフィス、福岡支店
関連会社
  • 日置フォレストプラザ(株)
  • HIOKI USA CORPORATION
  • 日置(上海)商貿有限公司
  • HIOKI SINGAPORE PTE.LTD.
  • HIOKI KOREA CO., LTD.
  • HIOKI INDIA ENGINEERING PRIVATE LIMITED
  • HIOKI EUROPE GmbH
  • 台湾日置電機股份有限公司

沿革

当社は、航空機に搭載する無線機のパネルメーターを製造する会社として、1935年に東京で創業しました。その後、戦災のため長野県坂城町に移転し、メーターに加えてテスターの製造を開始します。そして、1970年代頃まではメーターとテスターの2本立てで業績を伸ばしてきましたが、製品の約8割がOEM生産という不安定な経営であったため、オイルショックを機に利益率の低いOEMからは撤退し、自社ブランドの確立へと方向転換します。


まず、自社で開発・生産・販売を一貫して行う体制を整えた上で、高付加価値を生み出す開発力、販売力を強化。さらに、情報公開や提案制度の導入といった社内改革を実施し、経済成長の波に乗るかたちで売上げを伸ばし、成長を遂げてきました。


1990年に本社新工場を現在の上田市に移転。翌年の1991年には株式も公開しましたが折悪くバブル景気が崩壊し、その後長く苦しい時代が続きます。しかし、その厳しい時代をむしろチャンスと捉えてさまざまな改革を断行し、2001年に東京証券取引所第2部上場、2003年に東京証券取引所第1部上場と積極的な挑戦を続けながら現在に至ります。

ページトップへ戻る